様々な結婚観

結婚観って人それぞれに思います。結婚は、一種の契であり、法的にも色々と優遇されます。その反面、彼氏彼女の関係に比べて、色々な制限もあります。

たしかに離婚は増えていますが、彼氏彼女の関係に比べたら、自由に別れることが出来ません。また、結婚は、家族同士の付き合いも伴うようになります。

特に、子供が出来ると子供中心の生活になり、男女の関係よりもパパママの関係になってしまいます。

昔と違って、恋愛結婚が多い時代ですが、それでも結婚となると打算的な側面も働きます。現在、婚姻率が非常に減少しており、生涯未婚率が上昇しているのですが、経済的に余裕がなくて結婚できないというケースが増えています。

理想と現実のギャップが大きすぎると言われていますし、事実、性格の不一致同様、経済的理由で離婚する夫婦は多いのです。最近の男性は、ほとんど共働きを希望していますが、それでも妊娠中や育児中、どのように生計を立てていくかという問題も残ります。

したがって、子供をつくらないという選択枠も増加中です。また、別居婚なる考え方や事実婚なる考え方も今後は、どんどん増加していくでしょう。女性が経済的に自立し、仕事をするのが楽しいと考えれば、別に男性側が専業主夫でもよいでしょう。もっとフレキシブルに結婚や家庭というものを考えるべきでしょう。

 

まずは統計率など、現実的なことは置いておいて、神頼みも悪くありません。

よくあたる恋みくじは?:恋おみくじ|よく当たる大吉のご利益は?